« 視野のチェック>目の健康は? | トップページ | もったいない って? »

2009.11.29

おまかせロック>ドコモケータイ故障

 先日、バイクに乗っている時、ドコモのFOMA(フォーマ、3G、第三世代)ケータイがポケットから落ち、地面に激突、
電源が入らなくなってしまいました。
とりあえず、MOVA(ムーバ、2G、第二世代)ケータイとデュアルネットワークサービスを組み、
同じ番号で、どちらでも使えるようにしていたので、すかさず壊れたFOMAから、MOVAへ切り替え(1540# をダイヤル)、
通話はできる状態にはなりましたが、FOMAメール、トルカ、i アプリ、おサイフケータイ(ID、DCMX)等
使えなくて、大変不便(T_T)
アプリにためておいた、マクドナルドのマックポーク無料券なども、たぶんパー。
おサイフケータイを使っての、割引購入もできなくなってしまいました(>_<)

 ドコモショップへ行き、機種変更の値段を調べてみたら、今時のまともな機能がついているケータイは、
5~6万円もするじゃあ~りませんか! by チャーリー浜
デフレスパイラルで、給料の下がっているサラリーマン庶民な私には、高嶺(高値)の花 

・・・というわけで、中古「白ロム」(電話番号が登録されていない携帯端末)をゲットしようと、
ヤフーオークションをサーフィン。
ドコモとソフトバンク(と、ウィルコムの一部)は、ケータイ内のSIMカード(ドコモはFOMAカードと呼ぶ)
を入れ替えるだけで、自分の電話番号のケータイとして機種変更できてしまいます。
カタログ写真のコピペ(コピー&ペースト)で実物写真を載せてなかったり、説明文が怪しげだったりするケータイだらけ。
ネットで調べてみると、オークションでゲットしたものの、通話ができないトラブルが頻発しているそうだ。
アンテナマークが赤くなって、使えない・・・通称「赤ロム」
どういうことかというと、ドコモのサービス「おまかせロック」(ネットワーク利用制限)が、携帯電話機に
かかってしまっているということ・・・ドコモへ紛失、盗難の届けが出されているということ。

・盗難された携帯端末がオークションに出品された
・盗難、紛失を装って、「ケータイ補償 お届けサービス」で新しい携帯端末を、ドコモから安く詐取し、なくしたことになっている古い端末が出品された等が考えられます。

そんな中古ケータイをつかまされないためには、評価のよい出品者で、端末製造番号を明示してあるものだけを選び、
その番号を
ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト
http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php
で調べ、おまかせロック(ネットワーク利用制限)がかかっていないかどうか調べてから入札する、という慎重さが必要となります。
(ソフトバンクの場合は、http://mb.softbank.jp/mb/support/3G/restriction/

・・・で、私も、ロックがかかっていないことの確認がとれた中古ケータイに入札。
ぐんぐん値段が上がり、最初のうちは落札できません。
出品者が、別のIDで入札、値段をつり上げているのでは?
と、思わせるようなオークションもあり、
深追いして、相場より高い値段で入札することのないように気をつけました。
・・・で、最終的に、防水ハイスペックケータイな、富士通製の F-01A を、2万円弱で落札しました。
Docomo_f01a

これから、入金し、ロックがかかっていない完動品が届くのを楽しみに待ってます・・・
ここまでやって、ロックがかかってたら、もう、笑うしかないでしょう(^_^;)

ま、詐欺電話機を出品した人は、ブラックリストに載り、ID抹消、詐欺で起訴逮捕され、人生を棒に振るリスクを犯してまでやっているわけだから、それはそれで、よくやるなー、って感じですね。

・・・というわけで、無事、ロックがかかった赤ロムではない、SIMカード(FOMAカード)を入れ替えただけで使える白ロム端末が届き、現在、便利に使わせていただいてます。(^。^;)ホッ

ヤフーオークションからも、警告が出ていました・・・
http://topic.auctions.yahoo.co.jp/notice/rule/post_90/
http://topic.auctions.yahoo.co.jp/notice/rule/201021/

|

« 視野のチェック>目の健康は? | トップページ | もったいない って? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おまかせロック>ドコモケータイ故障:

« 視野のチェック>目の健康は? | トップページ | もったいない って? »