« よしブー250円(豚丼) | トップページ | スケートのコミック »

2005.03.18

キャブレターはずし

愛車のビッグシングルバイク、HONDA NX650ドミネーターの、キャブとエンジンをつなぐインシュレーター・・・インテーク管(ゴム製)に亀裂がはいり、空気をそこから吸い、混合気が薄くなり、「パンパン」音がするので、はずそうと思ったが、ゴムが硬く、はずれなかった。なので、サービスマニュアルを参考に、正攻法で、はずすことにした。
まず、ガソリンタンクをはずす・・・ゴム管3つもつながっていた(-_-)
チョークピストンをキャブからはずす・・・負圧式だからか、バタフライ式ではなく、ピストン式
セパレーター(ブローバイガス還流管の空気と燃料を分離する筒)をはずす(やはり、ゴム管3つはずし)
スロットルケーブル2本をキャブからはずす・・・引っ張り用ワイヤーにほつれあり。替えなきゃだめかな(^_^;)
そして、ようやくキャブをインシュレーターがくっついたまま、エンジンの左側からはずすのだが、そこで、また、ゴム管3つはずした。で、エンジンとフレームの間から、取ろうとするのだが、隙間が狭く、知恵の輪状態。中で回転させて、出せる角度を探し、ようやく、キャブがはずせましたとさ。めでたしめでたし。
・・・しかし、たかが、インシュレーター1つはずすだけで、こんなに他の物をはずさなければならないなんて!まさに、パズルか知恵の輪のようです。
せっかく苦労して、はずしたので、キャブも後日ばらして、オーバーホールすることにします。

豆知識:混合気が薄すぎると「パンパン」、濃すぎると「ボコボコ」って音がします。キャブのチューニングで、メインジェットを替えるときなど、この音が参考になります。エンジンの調子が悪いときなども音でだいたいわかります。

豆知識2:エンジンの熱などで焼き付いてゆるまないネジは、強力な浸透力のパーツクリーナースプレーをかけて、たたいていると、じきゆるみます。

|

« よしブー250円(豚丼) | トップページ | スケートのコミック »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャブレターはずし:

« よしブー250円(豚丼) | トップページ | スケートのコミック »